津軽三味線教室 音舞多弦謡会立川支部 絲蒼会

アクセスカウンタ

zoom RSS 山本謙憧先生

<<   作成日時 : 2017/02/18 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕の師匠、夏坂菊絲(落合光枝)先生の旦那様であられます山本謙憧先生がご逝去された。

昨年の6月から木乃下 真市先生の所へ通っているが、月に一回、落合光枝先生の所にもお稽古に通っている。

いつもお稽古の途中に謙憧先生が稽古部屋に入って来られて、「おう!頑張ってるか!」と声をかけてくださるのだが、今もお稽古中にドアが開いて謙憧先生が入って来そうで、、、

謙憧先生はいつも冗談を言ってその場を和ませてくださる方だった。
民謡を愛し、民謡の歴史のお話をよくしてくださった。

一番心に残っているお言葉は

「田井中君よー、俺は民謡って何なんだろうなーとずっと考えてきたんだけどよー、民謡ってのは、天地万物、森羅万象に対して感謝の意を込めたものに節をつけて唄ったものが民謡だと俺は思うんだよ」

なるほど、素晴らしい事をお考えになる方だなと思った。
ちょっとアウトローな所もあったが、とても魅力的な方だった。
もっとお話をしたかった。

謙憧先生が入院中にお見舞いに行かせて頂いたが、謙憧先生は自分にこう言ってくださった。

「田井中が、しんちゃん(木乃下 真市先生)の所へ行きたいと言ってくれた時、俺は嬉しかったんだよ。こんな嬉しい事はねぇんだよ」

本当に嬉しそうな表情をされていた。
寂しいけど、でも、謙憧先生に

「おー良い三味線弾くようなったなー」

と言って頂けるように頑張ろうと思う。
いつも心の中に謙憧先生がいらっしゃるので、
寂しいけど、心強いのであります。

謙憧先生、今まで本当にお世話になりました。
本当にありがとうございました。
どうか見守っていてください。

衷心よりご冥福をお祈り致します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山本謙憧先生 津軽三味線教室 音舞多弦謡会立川支部 絲蒼会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる